映画

MCUとは?EGって?今さら人に聞けないマーベル映画の略称をこっそりお教えします

MCU、GotGなどのマーベル映画の略称について解説

興行収入世界一を誇る「アベンジャーズ:エンド・ゲーム」の大ヒットによってマーベル映画シリーズに興味を持った方も多いと思います。

マーベル映画シリーズは現在まで23作品製作されており、この23作品をまとめてインフィニティサーガと呼んでいます。

全ての作品において世界観を共有しているため、あの作品の登場人物がこの作品にも登場するということが日常茶飯事です。

よってキャラクターの話をする時には「あのタイトルのこのシーンで…」なんて会話になるわけです。

しかし、映画タイトルが長くなってくるといちいちフルネームで言うのがめんどくさくなってきて、ついつい略したくなるのが人の常。

それゆえにマーベル映画もタイトルが長いものはよく略称で呼ばれます。

ある程度の数、作品を見てきた方ならまだしも、最近マーベルシリーズに興味を持った方とっては何のことかさっぱりだと思います。

そこで今回は、マーベル映画を語る時によく使われる代表的な略称について、何のことか説明していきたいと思います。

この記事はこんな人に読んでほしい
  • マーベル映画シリーズに最近興味を持った
  • MCU?EG?なんの話かさっぱり分からない
  • マーベル映画ってタイトルが長くて説明する時に困るから略称を知りたい

今さら人に聞くのも恥ずかしいなと思っているそこのあなた、この記事を読んで今日からドヤ顔で作品を語ってしまいましょう!

「MCU」とは?何の略?

MCUとは、「Marvel Cinematic Universe

「マーベル・シネマティック・ユニバース」の略です。

マーベル映画シリーズを話題にする上で基礎の基礎となる単語で、マーベル映画の一連の作品群の総称です。

マーベルコミックを原作としてマーベルスタジオが製作した、世界観を共有している作品たちであり、これまでに23作品製作されています。

2008年に公開された「アイアンマン」に始まり、2019年に公開された最新作の「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」に至るまでの23作品をインフィニティサーガと定義しています。

初公開されてから約10年間で、23作品もの作品たちが含まれるまでに大きくなったマーベル・シネマティック・ユニバースの歴史が感じられますね。

これらマーベル映画作品たちの根幹となる世界観を全ての作品で共有しているというのが大ヒットとなった要因ですね。

「EG」とは?何の略?

「EG」とは、「Avengers: Endgame

「アベンジャーズ:エンド・ゲーム」の略です。

マーベル映画シリーズの通算22作目にあたります。

ヒーロー大集合映画、アベンジャーズシリーズの第5作目です。

過去MCUの21作品で積み上げてきた歴史をこれでもかと生かした作品になっています。

ネタバレになってしまうので多くは語れませんが、過去作を全て見ていた方が確実に楽しめるし、感じ方も大きく異なることは間違いありません。

私はあまりに感動して、「ワイルドスピード:スカイミッション」以来、劇場で久しぶりに泣きました。

映画ワイルドスピード8感想ファミリーの絆
映画感想「ワイルドスピード:アイスブレイク」ファミリーの絆に感動!今回は、ワイルドスピードシリーズ第8作「ワイルドスピード:アイスブレイク」の見どころについて、一部ネタバレありでお届けします。ド派手なカーアクションが見応えたっぷりのワイルドスピードシリーズは現在8作目まで公開されており、来年には9作目の公開が控えています。...

「IW」とは?何の略?

「IW」とは、「Avengers: Infinity War」

「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」の略です。

マーベル映画シリーズの通算19作目にあたります。

ヒーロー大集合映画、アベンジャーズシリーズの第4作目です。

サノスというシリーズ最強の敵が現れ、その圧倒的なまでの強さを存分に見せつけてくれる本作。

映画史に残るであろう衝撃のラストは必見です。

私は映画が終わった後の衝撃と余韻がすごすぎてしばらく席を立てなかったです。

「FFH」とは?何の略?

「FFH」とは、「Spider-Man: Far From Home」

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」の略です。

マーベル映画シリーズの通算23作目にあたります。

マーベル映画にスパイダーマンの第2作目です。

過去、トビー・マグワイア主演で3作品とアンドリュー・ガーフィールド主演で2作品作られているが世界観は別物となっています。

主役俳優を用いてMCUに組み込まれたスパイダーマンはトムホランド版とも言われたりしていますね。

時系列的には、前作EGのラスト直後のお話となっています。

地球規模で戦う壮大な話が多い中、EGまでの重苦しい雰囲気から一変して学園青春ものの側面もあり、ほっと一息つけるような作品です。

とはいえ、予告編から受け取る作品の流れとの落差もナンバーワンかもしれないです。

作品中盤からの予想外の展開は、あなたもびっくりすること間違いなし。

以下の記事で、ネタバレなしで感想をレビューしているので、良ければぜひ。

映画スパイダーマンファーフロムホームネタバレなし感想
映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」ネタバレなしあらすじ感想映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」ネタバレなしのあらすじや感想をお届け!MCUフェーズ3の完結となる本作品の魅力をお伝えします。...

「GotG」とは?何の略?

「GotG」とは、「Guardians of the Galaxy

「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」の略です。

マーベル映画シリーズの通算10作目にあたります。

この作品が公開された時点では、それまでの旧作品と関わりがない独立した作品でしたが、今では非常に重要な関わりを持つ作品になっています。

それまで公開されていた9作品と比べるとテイストが独特で、主人公の「クイル(スター・ロード)」はお調子者キャラです。

IWでもEGでも大活躍のアライグマの「ロケット」も初登場します。

「MCU」マーベル映画の略称まとめ

様々な略称が出てきましたが、最後にもう一度おさらいしておきましょう。

  • MCU:マーベル・シネマティック・ユニバース
  • EG:アベンジャーズ:エンド・ゲーム
  • IW:アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー
  • FFH:スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
  • GotG:ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー

ぜひ今日からMCU映画について語るときは、略称を使って話してみてください。